低空地上攻撃機

低空地上攻撃機

Add: kewocoda32 - Date: 2020-12-09 08:33:51 - Views: 3211 - Clicks: 3537

兵器名: 兵器タイプ: 生産国: 搭乗タイプ: 特殊能力: 搭載可能: 階層; f-117 ナイトホーク: 不: なし: 不 ↑2・↓3; 価格: 編成数. org Tu-22Mはソ連初の戦略爆撃機で、高い性能をもつTu-22ブラインダー超音速爆撃機を発展させたもので、Tu-22を設計したツポレフ設計局によって開発されました。 機体設計としてはまったくの新型機といっていいものでしたが、予算獲得のための軋轢を避けるためにTu-22の発展型として開発が進められました。 Tu-22MのMはロシア語で発展型を意味する「モジェルニザーツィヤ」の頭文字で、愛称の「バックファイア」は西側諸国のつけたNATOコードネームです。 1969年8月に試作機が初飛行し、1972年から量産型の生産が始まりました。 Tu-22Mは胴体後部にクズネツォフNK-22ターボファンエンジンを2基搭載し、主翼外翼を可変翼として、超音速・亜音速ともに優れた飛行性能を発揮することができます。 兵器倉を除く胴体内スペースに多数の燃料タンクを備え、1500㎞~2200㎞だったTu-22をはるかに上回る6800㎞という長大な航続力を発揮することができ、冷戦時代はたびたびスカンジナビア半島の西を迂回して大西洋まで進出していました。 Tu-22Mの任務はアメリカ海軍の空母打撃群やヨーロッパの戦略目標に対する攻撃が任務とされ、主兵装として通常弾頭及び核弾頭の搭載でき、撃ちっ放しも可能な長射程空対艦ミサイルKh-22を搭載しています。 1983年からはエンジンを推力が向上したNK-25に換装し、各部の設計を変更してより小型のKh-15空対艦ミサイルの運用を可能にしたTu-22M3が就役しています。 Tu-22Mシリーズは総生産数497機で、北海から黒海、空軍の重爆撃機連隊に配備され、1980年代のアフガニスタン侵攻、1995年のチェチェン紛争から年のシリア爆撃まで様々な戦場に投入されています。 年にもロシア軍は62機のTu-22M3を運用しており、このうち30機は近代化改修を施して、年まで使用される見込みとなっています。. 知念忠二さんによると、AH1J攻撃ヘリによる地上攻撃訓練もおこなわれています。 宜野湾での飛行訓練が、イラクなどでの市街地戦に備えた訓練. かつては、その役割によって細かく軍用機を分けている時代がありました。 戦闘機と攻撃機の役割は大きくいって以下のとおり 1.

jp A-10サンダーボルトⅡは、アメリカのフェアチャイルド・リパブリック社が開発した、単座・双発のアメリカ空軍初の近接支援専用機です。 愛称のサンダーボルトⅡは、第二次世界で対地攻撃に活躍した同じくリパブリック社のP-47サンダーボルトによりますが、一般にはメーカーなどでも使われているウォートホッグ(イボイノシシ)やホッグ(ブタ)という渾名が広まっています。 A-10は、ベトナム戦争において、それまでのアメリカ空軍が想定していた核兵器による大規模破壊攻撃が起こらず、逆に戦闘機で間に合わせるつもりだった地上部隊の近接支援が問題となったことから開発が始まりました。 地上支援機として求められる能力は、できるだけ大きな兵器搭載量をもち、戦場制圧のために長い航続時間を有すること、低空での優れた運動性と被弾に対する高い抗堪性で、速度は低くてもよく、生産価格は安価で実用性が求められるなど、今までのジェット攻撃機とはまったく異質なものでした。 A-10は大面積の直線翼の主翼をもち、エンジンを機体後部胴体外側にポッド式に納めるという特徴的な外見をもつ機体となりました。 A-10の最大兵器搭載量は7. 7度の後退翼で幅広い速度域をカバーしています。 最高速度はマッハ1. See full list on zatsugaku-mystery. See full list on sabage-archive. org Tu-95ベアはソ連のツポレフ設計局によって開発された戦略爆撃機で、愛称の「ベア(熊)」はNATOコードネームです。 Tu-95はアメリカのB-29をコピーしたTu-4を発展させたもので、元来はアメリカ本土を核爆弾で攻撃するための長距離爆撃機で、そのために大型で燃費のいいNK-12ターボプロップエンジンを4基搭載し、敵防空網を突破するため高速性能確保を目的とする二重反転プロペラなどを装備しています。 試作機はターボプロップ機としては破格の最大速度945km/h、航続距離15200㎞を発揮しました。 核爆弾を運用可能な「ベアA」のほか、対艦ミサイルを運用可能なTu-95K-20「ベアB」、潜水艦や味方のミサイル誘導などを行う哨戒機型のTu-95RTs「ベアD」、対潜哨戒機のTu-142「ベアF」、後継のTu-160の運用が長引いたために巡航ミサイルを運用可能にしたTu-95MS「ベアH」など派生型も多く存在します。 Tu-95MSは当初ミサイル16発を搭載可能でしたが、核軍縮協定により搭載数を6発に減らされました。 Tu-95は西側諸国に対してたびたび領空侵犯や偵察飛行を行っており、日本でもスクランブルでたびたび航空自衛隊の戦闘機とも遭遇しています。 太平洋を千葉沖まで進出するその飛行コースから「東京急行」とあだ名されています。 Tu-95は1990年代までに500機以上が生産され、現在でもTu-95MS30機がロシア軍で運用されており、さらに数十機が保管状態にあるといわれます。 高速性能などでは新型の爆撃機に後れをとるものの、長大な航続距離などは今でも有効で、年にはシリアでイスラム国に対する巡航ミサイル攻撃を行っています。.

広島県北広島町で地上を攻撃目標に見立てたかのような米軍機の異常な低空飛行がたびたび目撃され、町民から「戦闘訓練をしているのでは」と. . 25で、レーダー反射断面積(RCS)はB-52の100分の1とされていて、レーダーによる被発見率も低いとされ、低高度で敵奥地に侵攻できる世界でも優れた爆撃機です。 1984年以降、100機が調達され、現在でも60機ほどが現役で運用されています。 アフガニスタンやイラク戦争、リビア内戦、シリアなどで使用されており、年にはアメリカ太平洋軍のもと、グアムにも配備され、北朝鮮まで約2時間で到達可能となっています。. ところが、イギリスからレンドリースに回されて受領したソ連では全く違う評価を受けました。 ソ連がドイツと戦う東部戦線のメインは地上部隊同士の戦いで、両軍の飛行機の任務はほとんどが低空での地上支援で、中高度以上での戦闘など偵察機とそれに対する迎撃くらいしかありません。 つまり低空での性能さえあれば良く、しかも地上攻撃に活用できる大火力があればいうこと無し! というわけで、37mm機関砲で戦車や自走砲などドイツ軍地上部隊をバリバリ攻撃できて、低空ならドイツ軍戦闘機に負けないP-39は大好評だったのです。 結果、イギリスからのレンドリース(もちろん最初は20mm機関砲装備型)のみならず、本来のP-39を送ってくれ! 大至急! という声に応えたアメリカからP-39のほとんどはソ連に送られ、やはり低空を得意とするソ連製戦闘機やシュツルモビーク(襲撃機)とともに大活躍したのでした。 要するにP-39とは現代で言えば30mmガトリング砲で戦車を切り裂く『空飛ぶ缶切り』米空軍のフェアチャイルドA-10『ウォートホッグ』のようなもので、使いどころさえ間違えなければ傑作機そのものだったのです。. · A-10はアメリカ空軍初の近接航空支援機。低空、低速での飛行性能に優れている。だが、おそらく最も有名なのは機首に搭載された30mmガトリング砲だろう。発射速度は毎分3900発、「ヴーーーーー」という特徴的な発射音を発する。.

jp H6(轟炸6型:轟炸は爆撃の意)は西安飛機工業公司が製造し、中国が運用している大型爆撃機です。 H6はもともと、ソ連のツポレフ設計局が開発したTu-16爆撃機をライセンス生産により国産化した機体です。 戦略爆撃、戦術爆撃、巡行ミサイルや空対艦ミサイルの発射母機として用いられるほか、空中給油機のHU-6(轟油6)をはじめ核攻撃専用機、偵察機などの派生形が存在します。 海外の輸出販売向けにはB-6という名称がつけられています。 1967年から生産が開始され、中国軍で最大の弾薬搭載量を誇り、2500㎞の目標を攻撃可能な最大の作戦機となりました。 最新型のH-6K(戦神)はCJ-10A(長剣10)巡行ミサイル(2500㎞)を搭載可能で、航続距離は30%上昇して8000㎞以上となっています。 作戦行動半径は約3500㎞で、中国近海から3000㎞離れたグアムまで往復することが可能です。 低燃費のエンジンを搭載し、機体に新素材を採用することで減量をはかり、これにより燃料タンクは増大し、最大搭載能力は12トンに達します。 アビオニクスがデジタル化されたことで乗員が5人から4人に減らされ、衛星通信も可能となりました。 H-6Kの作戦行動半径にミサイルの射程を加えると、5000㎞以上先の目標を攻撃することができ、ミッドウェーやハワイへの攻撃も可能とされています。 H-6Kは現在も生産を継続中で、数十機が運用されているとみられ、これからも中国軍爆撃機戦力の中核を担っていく存在です。. そして何より、防衛費が青天井だった冷戦期とは異なり、コスト意識が高まった近年では、役割ごとに機体に種類を設けるよりも、ひとつの機体とそのバリエーションですべての機能を果たせるようマルチロール化が進んでいます。 これにより、戦闘機と攻撃機の境目はあいまいとなり、両方の機能を兼ね備える機体が次々と登場しています。 写真はアメリカのマルチロールファイター(多用途戦闘機)、F-35A ライトニングです。日本にも配備される予定。 こちらはF/A18ホーネットを改造したスーパーホーネット しかし敵地上空それも低空を飛行する場合航空機へ与えられる損害も大きかった ため、1937年にドイツ航空省は小型対地攻撃支援機として重装甲・防弾ガラス風防を装備した機体の開 発をヘンシェル社とフォッケ・ウルフ社に対して競争試作という形で指示. 地上攻撃機は敵戦闘機を警戒するほかに、高射砲の射撃を警戒しなければならないことは当然ですが、戦闘たけなわの前線上空には敵味方の砲弾が飛び交い、高度1000m以上では重砲弾が切り裂いた気流の乱れによって安定した飛行ができなかったとも言われ. ちなみに、アメリカ陸軍航空隊では当初凡庸な性能だったP-47『サンダーボルト』やP-51『ムスタング』をメーカーに熟成させて傑作機に発展させていますが、量産実績を上げて自信のついたベル社にもP-39の発展型を発注しました。 すなわち本来の高高度性能を取り戻すべくエンジンを更新するとともに各部設計を全面的にリファインし、中高度以上の性能はもちろん各性能を向上させたP-63『キングコブラ』です。 By wikipedia からコモンズに Alaniaris が移動されました。, パブリック・ドメイン, Link ただ、P-63はハナから出来がいいのがわかっていたのか試作機が初飛行する前の1942年9月には採用していましたが、前述の傑作戦闘機が登場していたので米陸軍航空隊では必要性が無く、演習弾が命中するとプロペラスピナの先端がピカピカ光る有人標的機『RP-63ピンボール』に使われたのみ。 他はやっぱりソ連にほとんどが送られ、ドイツ軍を蹴散らしてナチスドイツを降伏させた後は、対日戦にも使われて満州や朝鮮半島への空襲でP-39と共に使われました。 ベル社の『コブラ』シリーズは他にもP-39が自由フランス空軍や降伏後に連合軍へくら替えしたイタリア共同交戦空軍にも配備され、P-63は戦後のフランス空軍でインドシナ戦争にも出撃したのが最後の実戦だったようです。 P-51やF4Uなど戦後も長く使われたレシプロ戦闘機と異なりP-39もP-63も1950年代早々には一部の実験用途や標的機を除いて現役を退き、一部の酔狂なマニアがレーサーに転用、1990年に最後のP-63改造レーサーが墜落するまで飛び続けたのが最後となりました。 By Greg Goebel – CC 表示-継承 2. 攻撃機=地上部隊や艦船への攻撃を主任務とする つまり、ざっくり言っちゃうと、攻撃機は敵の陣地へ攻めていって相手の兵隊とか基地とか施設を破壊するのに対し、戦闘機はその攻撃機を守ったり、攻めてきた戦闘機や攻撃機・爆撃機を墜とすのがお仕事っていうことです。. 米空軍のデービッド・ゴールドフェイン副参謀総長(空軍大将)は24日までに、シリアなどでの過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の.

米軍機の低空飛行. 本機をベースとした戦闘機、攻撃機、練習機などの派生型が複数開発されている。 何故低空飛行の訓練をするのか. 低空侵入機の早期発見や陸・海部隊との作戦連携、捜索・救難・指揮の円滑化、通信の中継など、航空作戦を効果的に遂行する使命を担うe-2c。 潜水艦捜索に威力を発揮するs-2、s-3。.

05となっています。 Tu-160はクズネツォフNK-32ターボファンエンジンを4基搭載し、可変翼(VG翼)を備えているため、全幅は35. More 低空地上攻撃機 videos. vhs 低空地上攻撃機 低空地上攻撃機 ・低く飛べ、激しく攻撃せよ:1989年・日本語吹替: ビデオ 状態:ケースに日焼汚れ等有ります。. そして細かく分けると戦闘機の中にも、次のように役割の違いがあります。 この場合、要撃戦闘機は対戦相手が、戦闘能力の低い(けど攻撃力は高い)攻撃機や爆撃機ですが、制空戦闘機は相手も戦闘機です。 なので、一般的には制空戦闘機と要撃戦闘機が戦ったら、制空戦闘機のほうが強いといっていいでしょう。 キツネやウサギを相手にする猟犬と、犬を相手にする闘犬でケンカしたら闘犬が強いということです。 あくまで役割の違いであって、どっちが優れているとかそういうはなしではないですが。 映画『トップガン』でお馴染みのF14トムキャットは長距離射程のAIMフェニックスミサイルを持っていたりして、どちらかというと遠距離戦闘を得意とする要撃戦闘機ですが、 長らく世界最強と言われ続けたF-15イーグルは、運動性能に優れたドッグファイト向けの制空戦闘機です。 もっとも両者の違いはあいまいで、イーグルに対地攻撃能力のあるストライクイーグルがあったり、同様にトムキャットにも攻撃機化したボムキャットがあります。.

アメリカ空軍AC-130ガンシップ105mm榴弾砲、40mm機関砲、30mm機関砲、20mmバルカン砲など強力兵器を空から撃ち込む最強の対地攻撃機AC-130Hスペクター. や、味方地上部隊を援護する訓練をしていると思う」と分析。「空母艦載機が群馬の市街地上空で行っている対地攻撃訓練. ジェネリック薬みたいだな。 >「多くの国が興味を示している」 本当かよ? 昔と違って携行式地対空ミサイルが進化しているから低空を飛んで地上を攻撃するSu-25みたいな攻撃機は結構墜とされそうだけど。. cn Tu-160ブラックジャックはソ連のツポレフ設計局によって開発された世界最大の可変翼超音速ジェット爆撃機です。 「ブラックジャック」はNATOコードネームで、Tu-160はその形状からアメリカのB-1ランサー爆撃機に対抗して開発されたとみられています。 機体は全長54. 空戦の損失14機 対空砲火による損失113機 原因不明の未帰還機16機. また、低空飛行で地上を攻撃する任務の性格上、敵地上部隊からの反撃を受ける可能性が高いことや、陸軍の防弾装備への深い理解から防弾についても考慮されており、11号機(増加試作機)からはエンジン下面、操縦席下面、背面、胴体下面、中央翼下面. . 1938年にソビエト中央設計局(TsKB)の設計主任セルゲイ・イリューシン Сергей Владимирович Ильюшинと彼のチームが開 発したTsKB-55は頑丈な胴体構造と風呂桶型の装甲によりエンジンと乗員及び燃料タンクを地上砲 火から保護し、低空地上攻撃任務に適した機体であったが、その.

その理由は「理想の地上攻撃機とは何か」を考え抜いた基本コンセプトにある。 重装甲の戦車を破壊できる機首のアベンジャー機関砲(GAU-8)は重さ1・8トン、全長6・4メートルと高級乗用車と同じ規模で、搭載できる航空機は実質的にA-10のみ。. 本機は「対地攻撃機」として設計されたが、その卓越して運動性能により「戦闘機」としても運用された奇異な機体である。 その出自ゆえに高度6000m以上の高空では性能が極端に低下し、そこを「飛燕」シリーズに撃墜されること数多であった。. 1011』を元にした世界初の可変後退翼実験機『X-5』もベル・エアクラフト社の作品です。 同社の創業は第2次世界大戦間近の1935年とかなり後発で、その頃にはダグラスやボーイング、ロッキードなど名だたる大メーカーが十分実用的な飛行機を量産していたので、ベルのような新興メーカーはある意味で斬新な飛行機を作って、軍など顧客の目を引く必要があります。 軍の方もそれは承知で、既に実績あるメーカーに変な飛行機を作らせ在来機の生産や改良に支障をきたしてもいけませんし、ちょっと突き抜けた斬新な飛行機はベルのような新興メーカーに腕試しのつもりで作らせる傾向がありました。 By com/gallery/U-S-Air-Force/Bell_YFM_1_Airacuda, パブリック・ドメイン, Link 創業早々、ボーイングが開発中の長距離爆撃機(後のB-17)を護衛する長距離双発多座戦闘機として発注されたYFM-1『エアラクーダ』が奇抜な外見を裏切らない性能で不採用になりますが、ベル社も軍もそこはある意味想定内。 飛ぶ前からYFM-1がモノになりそうも無いのはある程度わかっていたのか、「じゃあ今度は高高度迎撃戦闘機を作ってみない?」と陸軍にオファーをかけられて開発したのが、P-39『エアラコブラ』です。.

org B-2はノースロップ・グラマン社が開発したステルス戦略爆撃機です。 B-2はステルス性を高めるため、垂直尾翼および水平尾翼のない全翼機という形状の機体となっています。 B-2は既存の防空網では邀撃できないステルス爆撃機というコンセプトのもと、1978年から研究が開始された機体です。 開発要件は、大航続力・大搭載量・低被発見率というシンプルなものでしたが、レーダー・目視ともに低い被発見率を実現するため、B-2の開発はこれまでにないほど難易度の高いものとなりました。 求められるステルス性能を実現するため、胴体は、涙滴型で、翼を広げたコウモリのような、ブーメランに似た翼をもつ全翼機となりました。 アメリカ最初のステルス戦闘機であるF-117は当時のコンピューター技術での設計が難しかったため、直線を基調とした機体になっていましたが、B-2開発時にはコンピューターによるシミュレーションが可能となっていたため、B-2は曲線を基調とした機体となりました。 これによってレーダー反射波や赤外線放出を抑え、さらに、機体表面にはRAM(電波吸収材)で覆われ、特殊な薬剤を排気に混入することで、飛行機雲を曳かないで飛行することができます。 一方、全翼機には操縦が非常に難しいというデメリットも存在しますが、これについては最新型の四重式フライバイワイヤ操縦システムによって解決されたといわれます。 試作機のテストなどは順調に進んでいたB-2でしたが、冷戦の終結と軍事予算の縮小要求により、調達数は当初の予定だった132機から21機に減らされてしまいます。 B-2は高いステルス性とアメリカ本土から旧東ヨーロッパ圏までの往復が可能という長大な航続力を持ち、敵地に侵入する戦略爆撃機としては、世界最高の機体といえますが、そのために調達費用も高く、1機当たり1億2420億円と言われるその価格はB-2最大の弱点ともいえるでしょう。. 戦闘機=敵機への攻撃と味方機の護衛を主任務とする 2. その直後に、岩国基地所属のFA18戦闘攻撃機が3機も低空でこの病院の上空を通過したということです。 中山間地での防災ヘリやドクターヘリは住民の命を守るために不可欠です。低空飛行訓練は危険であり、絶対許されるものではありません。 現在、航空機分野における『ベル』といえば、シコルスキーと並んで世界中でヘリコプターを売りまくるアメリカのベストセラーメーカーとして名高いのですが、かつては戦闘機や実験機などで斬新な飛行機を得意としていました。 世界で初めて水平飛行で音速突破したロケット実験機『X-1』や、第2次世界大戦の敗戦時に未完成だったナチスドイツの『メッサーシュミットP.

ぜんしょうひん sigmaww BooksRuka 1403ab 140312 びでおてーぷ ひこーき 商 品・送料について 【商品詳細】 タイトル・副題ほか: 低空地上攻撃機-FLY LOW,HIT HARDIN THE COCKPIOT 1 収録内容ほか: 画像ご参照 発売年月/発売: 1990年2月5日/心交社 規格/. パブリック・ドメイン, Link さて、せっかくの排気タービンを外したので特に中高度(12,000フィート、3,660m)以上での性能が低下したとはいえ、低空用としてはそこそこ使えると思われたXP-39はP-39『エアラコブラ』と名付けられました。 まずドイツとの戦争が始まって戦闘機なら何でも欲しかったイギリスが発注、1941年9月から引渡しが開始されるも低空でしか使えない戦闘機なんかいらない! とわかりきったクレームを入れて、同じくドイツと戦争が始まったソ連へのレンドリース(援助物資)に回してしまいます。 お膝元のアメリカでも同年12月に日本との戦争が始まると、太平洋戦線を支える新型戦闘機としてイギリス空軍のキャンセル分を米陸軍航空隊で引き取って、日本軍が快進撃を続けるオーストラリアやニューギニア方面に送りました。 なお、イギリスで発注したのは対戦闘機戦闘を重視したのか、機首に37mm機関砲ではなく20mm機関砲を搭載したタイプで、これは米陸軍航空隊では『P-400』として採用、37mm砲搭載のP-39とは区別しています。 しかし太平洋戦線に送られたP-39は、日本軍機以上に中高度性能が悪く低空戦闘オンリーな戦闘機であり、その高度だと最高速の速さも生かしきれず、高度が低すぎてパワーダイブで急降下遁走もできません。 結果、低空でも運動性が良く、まだベテランパイロットの多かった日本軍の零戦や隼に追い回されていいようにあしらわれる事が多く、機体形状から『カツオブシ』と呼ばれ、すっかり侮られてしまいました。 結果、太平洋戦線ではP-38やP-47が登場すると急速に姿を消していきますが、それまでは戦闘爆撃機として、そして爆弾を投下すればそのまま低空で日本軍の戦闘機に立ち向かい、犠牲を出しながらも戦い続けたのです。. 陸上基地から発進する雷撃機(ブラックバーン ボウタ)や爆撃機による雷撃(b-26)などは各国で行われていたが、偵察を兼任する沿岸警備用や爆撃機の一時転用であるのに対し、陸上攻撃機はあくまで艦隊 決戦を前提とした漸減邀撃作戦の一翼を担う存在. 爆撃機や攻撃機と言うのはコックピットから地上を見なければならない。 しかし機材が邪魔でよく見えないのでなかろうか? 実際、大戦期の爆撃機には、下方視界を確保するために機首部に大きな窓が開けられています。. 広島県北広島町で地上を攻撃目標に見立てたかのような米軍機の異常な低空飛行がたびたび目撃され、町民から「戦闘訓練をしているのでは」と. See full list on barbarossa.

jp AC-130は輸送機で会ったロッキード・マーチン社のC-130ハーキュリーズに重火器を搭載して改造した対地専用攻撃機です。 AC-130はガンシップと呼ばれる機種で、これはベトナム戦争時にアメリカ空軍が局地制圧用に開発・実戦投入したもので、地上部隊からの支援要請を受けて攻撃を実施します。 確実に制空権をとることができるアメリカ空軍だけが運用している機種です。 AC-130は赤外線監視装置を備え、25㎜ガトリング砲、105㎜榴弾砲、40㎜機関砲、対戦車ミサイル、対地ミサイルなどを搭載しています。 もとが輸送機であるAC-130は大量の弾丸を搭載することができ、長時間にわたっての射撃が可能です。 機長席がコクピットの左側にあるため、機長が目標を視認しやすいように、目標を中心に左旋回しながら攻撃を行うのが特徴です。 AC-130は、現在、空軍特殊作戦コマンドにのみ配備されていて、特殊部隊に対する上空から支援を行っています。 アフガニスタンやイラク戦争、リビア内戦に投入され、「空飛ぶ砲兵」として活躍しました。 年からは最新型のAC-130Jゴーストライダーの配備も始まっています。. com B-52スラストフォートレス(成層圏の要塞)はアメリカ空軍で現役運用されている戦略爆撃機ですが、もとをただすと、戦後間もない1946年に出された長距離爆撃機開発計画に行き着くというとても古い機体です。 B-52は第二次大戦中に開発の始まったB-47と同じ後退翼やポッド式ジェット・エンジンの技術が採用されています。 1952年に試作機が初飛行し、1955年から量産型のB-52Bが空軍に引き渡されました。 B型からF型までは、最大で24メガトン級の自由落下型水爆4発を搭載できるアメリカの巨大戦略爆撃機として世界にその存在を誇示しました。 ソ連防空網の発達とともに、高高度侵攻によるソ連領内への侵入が困難になったため、G型・H型では戦略攻撃用のALCM(空中発射巡航ミサイル)搭載巡行ミサイル母機となり、巡航ミサイルを使ったアウトレンジ攻撃ができる機体となりました。 B-52は実際に核攻撃に使われることはありませんでしたが、ベトナム戦争においては戦局打開のため、通常爆弾による集中爆撃任務に投入されました。 1972年12月のラインバッカーⅡ作戦では200機のB-52が11日間にわたり北ベトナムの重要目標に対する空爆を行い、第二次大戦以来最大の戦略爆撃作戦となり、1600か所以上の軍事施設や輸送網などを焼き尽くして北ベトナムのライフラインを崩壊させ、「死の鳥」と恐れられました。.

低空地上攻撃機

email: womek@gmail.com - phone:(293) 265-2115 x 4577

50-FEET WORLD CUP IN - ウィンクル 世界一かわいい犬の大冒険

-> ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル
-> 20世紀の冒険 10~黄金の輝きツタンカーメン王/古代都市を求めて

低空地上攻撃機 -


Sitemap 1

マルチュク青春通り - 婦警候補生物語 昭和の名作ライブラリー 周年記念企画第 デジタルリマスター版